エロイプ初体験

私が初めてエロイプをやったのは3ヶ月前のことです。いつものように仕事を終えて独身生活をしているマンションの一室に帰り、真っ暗な部屋の電気を付けテレビの電源を入れ、パソコンを起動する。何の張り合いもない日々だったが、たまたまネットで見つけたエロイプという言葉に目を惹かれた。半年以上前に同僚に勧められてスカイプをインストールしたことはあったが、実際あまり利用することはなかった。どうやら特にもう新しいことをすることなく簡単にエロイプができるようだった。やることは簡単、エロイプ募集掲示板にアクセスして待機中の女の子にメッセージを送るだけ。OKなら音声通話開始すればあとは自由に話してもいい。ちょうど私好みの女の子が居たので早速メッセージを送ってみた。私はエロイプが初めてだということを告げてから、雑談するところから始めることにした。その子は私の3つ年下ということで、エロな話題なしで結構話が弾んだ。しばらくして彼女は「そろそろ・・・しよっか?」と言い出し、羽織っていたものを脱ぎ始めた。急展開に驚いたが、そういえばそういうことをするためにやっていたんだと思いだした。それからはお互いにエッチな指示を出したり、エッチな声を出させたりして最終的にお互いイキ果てた。放心状態になっていたところにメッセージが届いた。「またやろうね」と。今でもその子とは週に一回以上はエロイプをするようになっている。本当にいいものですね、エロイプというのは。